誰もが経験する角栓のケアについて

皮膚科に勤務していました、看護師です。気になる角栓のケアについて書こうと思います。
角栓は上皮内の老廃物や脂が混ざりあって固まったものです。

取り方としてはピンセットを押しあてて抜く、もしくは毛穴すっきりパックなどのスキンケア用品を利用して取り除くのが一般的ですがその後のケアが大事です。

何故かというと、毛穴の汚れを取り除いたことによってそこに空洞ができてしまうからです。

毛穴すっきりパックなどを行った後には必ず水で洗顔し、毛穴を引き締めた後に保湿液で保湿するように心がけた方がよいです。

次に、これ以外の事例を上げますが、顔以外に角栓ができてしまった。という方も多いと思います。

これに関しては放置すると毛穴の隙間から細菌が侵入し炎症を起こしてしまうことがあります。

 

見た目上、触ってもいないのに毛穴周囲が赤くなっていたら炎症の兆候となります。

 

放っておくと感染症を引き起こす危険性があるので処置が必要です。

 

炎症兆候がないものに関しては比較的放っておいてもすぐに問題はないですが、中で角質が貯まって角栓が大きくなってしまうことがあります。

そのケアはどうすればいいか、ですがこれに関しては顔と同様の処置で取り除けるものならば取り除いて構いません。ケアの方法も顔と同様で構わないでしょう。

ただし、取り除けないものについては皮膚科を受診し、取り除くことをおすすめします。

また、顔以外の部位については自分自身で取り除くことが難しい場合がごとんどなので、身近な家族や配偶者、恋人などに取り除いてもらうことをおススメします。

痛みが伴うと思うので無理に取り除いてはいけません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です