春を過ぎると、朝早くから日差しを感じます。
洗濯でベランダに出る前に、日焼け止めプラス
ファンデーションをつけるようにしています。

クレンジングが面倒なので、以前は、洗顔だけで落ちる
日焼け止めクリームだけぬっていたのですが、1日終わると、
顔がひりひりします。気になるシミやくすみも増えています。

紫外線対策にはファンデーションもぬらないといけないと、
聞いたこともあり、以前から使用しているオンリーミネラルの
ミネラルファンデーションSPF50+を取り入れてみました。

ミネラルファンデーションは、油分を使わないので、肌に優しく
洗顔だけで落とすことができるものです。
パウダータイプで、ブラシで塗るので、きめ細かく、
素肌感があります。

洗顔だけでいい日焼け止めクリームと組み合わせれば、
クレンジングなしでもかなりの紫外線予防効果が期待できそうです。
さらに紫外線の強くなるこれからの季節に試してみようと思います。

ただ、カバー力はあまりないので、
使い分けることにし、しっかりメイクの時は液体ファンデーションの上に
使っています。クレンジングは必要になりますが、日焼け対策には万全のようです。

先日、無印良品でマイルドジェルクレンジングを購入しました。
のびがよく、香りに癒されるので、使うのが苦になりません。
これならクレンジングも面倒がらずに続けられそうです。

化粧品の技術も年々進んでいて、以前では当たり前とされていたことが徐々に変化してきています。

昔はスキンケアの最後に油分で肌に油膜を張り、それで肌が保湿できると考えられていましたが。

しかし、今は油分でふたをしたとしても、隙間から徐々に水分が蒸発してしまって、肌の乾燥が起きてしまいます。

乾燥しない潤い肌を保つためには、油分ではなく保湿成分が必要です。

肌には水分の蒸発を防ぐバリア機能が備わっています。

しかし、加齢や生活習慣の乱れ、間違ったスキンケアなどで、バリア機能が徐々に低下してしまって乾燥が起きてしまいます。

これを改善するたには、バリア機能をいかに強化していくかが鍵です。
それに必要なのが保湿成分のセラミドです。

バリア機能でも重要な役割を果たしていて、角質細胞の間を埋めて水分の蒸発を防ぐ働きがあります。

保湿化粧品でセラミドを補ってあげることで、保湿効果が高まり乾燥を防いで潤い肌をキープできます。

保湿成分の中でもセラミドは一番強力な保湿力を持っていますから、肌の乾燥に悩む方はセラミド入り化粧品を使うのがおすすめです。

中でも、肌になじみゃすいヒト型セラミド配合のものだと、潤いを閉じ込める機能にも優れていますから、乾燥対策により役立ってくれます。